スマホがあればできる副業の一つアプリテスターとは

スマホさえあればできる副業の一つが、アプリテスターです。

アプリテスターとは、公開前のアプリの動作などをチェックする仕事です。開発したアプリを公開する前には、誰でも簡単に使えるか、動作に問題がないかなどのチェックが必要となります。

そのために必要となるのが、そのアプリに対して知識や情報を持たない第三者の存在です。開発者自身が動作確認をするのとは違い、第三者は思わぬところで躓いたり、想定外の動作によってバグを発見することが多いものです。

アプリの完成度を高めるためには、アプリテスターの存在が欠かせないものとなっています。

そんなアプリテスターは、スマホ一つで手軽に行える仕事として口コミでも評判となっています。OSに関わらず、仕事をすることができるため、手軽に副業を始めたいという場合はアプリテスター募集を探してみると良いでしょう。

副業としてアプリテスターの仕事を選ぶメリットは、公開前のアプリに触れられることです。スマホを持っているけれど、line以外のアプリは殆ど使うことがないという人もいるでしょう。

そんな人でも、アプリテスターの仕事に携われば、line以外にも様々なアプリに触れる機会が生まれ、そしてスマホをより便利に楽しく使えるようになります。そして、もう一つ大きなメリットとなるのが、自由なペースで働けることです。

アプリモニターはクラウドソーシングなどの形で募集されていることが多く、企業に出社をしたり、シフトに縛られたりすることはありません。

もちろん、アンケートなどの回答期限はありますが、納期を守ることさえ意識しておけば、後は自分のペースで働けることが殆どです。
そのため、本業が忙しいという人であっても、アプリモニターという副業であれば問題なく始めることができるでしょう。

スマホの普及率が高まるにつれ、アプリの市場は大きくなり、様々なアプリが開発・公開されています。そのため、2020年になってもアプリモニターの仕事は増え続けています。さらに、今後もなくなることがない仕事の一つとして考えておいて良いでしょう。

アプリモニターの単価は、案件によって異なり一般的なバイトと比べると安めに設定されているものもあります。
ただ、思いがけない高額案件が出る可能性があることも、アプリモニターの魅力の一つです。line以外の用途でもスマホを使いたい、スマホを使ってお金を稼ぎたいという場合は、副業としてアプリモニターの仕事を始めてみることがおすすめです。